脳と心、からだの不思議がわかる本

時実利彦 著

からだの成長にともなって、脳はどのように発達してゆくのか。ふだんの何気ない動作、自然に湧き起る感情と動きにはどんなメカニズムが隠されているのか-。脳のしくみから筋肉の働きまで「人の不思議」がわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間がいちばん人間らしいところとは
  • 2 「頭」がなくても立派に生きてゆける!?
  • 3 「口八丁手八丁」人間の構造
  • 4 人間に「不可能なこと」がない理由
  • 5 頭をいつもスッキリ、快調に保つ秘訣
  • 6 「目から火花」の生理学
  • 7 人間は刺激にどううまく対応できるか
  • 8 「味覚」の生理学
  • 9 声は「もう一つのセックス」である!
  • 10 人はいつから「男」になるのか、「女」になるのか
  • 11 人はなぜ眠るのか
  • 12 人はなぜ夢をみるのか
  • 13 脳は知性と野性の「二重構造」になっている!
  • 14 最高の知性を限りなく生み出す大脳生理学
  • あとがき 人に関する素朴な「なぜ」を解きあかす一冊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心、からだの不思議がわかる本
著作者等 時実 利彦
書名ヨミ ノウ ト ココロ カラダ ノ フシギ ガ ワカル ホン
出版元 三笠書房
刊行年月 1991.11
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4837914616
NCID BN06979600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想