クルマと化学

日本化学会 編

低公害、低燃費、快適性、安全性、高機能性などさまざまな条件を満たすクルマづくりをめざして-。地球にやさしい未来のクルマをつくるテクノロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき 化学に助けられた自動車
  • 1 動く化学工場
  • 2 自動車エンジンの効率の限界
  • 3 金属材料の現状と将来
  • 4 セラミックス材料とエンジン
  • 5 プラスチック材料の現状と今後の課題
  • 6 ガラス材料へ要望されるもの
  • 7 タイヤ材料と要求される機能
  • 8 自動車塗料
  • 9 自動車と機能性材料のかかわり合い
  • 10 低公害・代替燃料の開発
  • 11 電池と電気自動車
  • 12 排気ガスと触媒
  • 13 快適性・安全性と化学材料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クルマと化学
著作者等 日本化学会
書名ヨミ クルマ ト カガク
シリーズ名 一億人の化学 4
出版元 大日本図書
刊行年月 1991.10
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4477001428
NCID BN0697552X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92005109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想