中国共産党の選択 : 五つのシナリオ

小島朋之 著

建国40年、中国は「革命」と「統治」の間を揺れ動いた。2つの課題の相剋は1989年6月4日、決定的に噴出し、「天安門事件」へと発展する。毛沢東の夢見たユートピアは崩壊したのか。本書は民主化要求と軍事制圧という事件の二重構造を解明、皇帝・王朝による伝統的支配体制と密接に結びついた一党独裁制をソ連・東欧と比較しつつ分析し、共産党存続の諸要因を検討、中国の近現代化の成果と課題を展望して今後の選択を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東は東、西は西?
  • 第1章 近景としての天安門事件-建国40年史と改革10史の相剋
  • 第2章 中国共産党70年の歴史-歴史のif
  • 第3章 建国40年史のなかの中国共産党
  • 第4章 改革10年史のなかの中国共産党-歴史のifの再現
  • 第5章 天安門事件以後の中国共産党-中国共産党生き残りの選択
  • あとがき ユートピアの終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国共産党の選択 : 五つのシナリオ
著作者等 小島 朋之
書名ヨミ チュウゴク キョウサントウ ノ センタク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.11
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4121010469
NCID BN06971824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92022992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想