中間子理論

荒木源太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序説 / 1
  • 第一章 相互作用 / 9
  • 1 源密度 / 9
  • 2 スカラー及び擬スカラー理論における相互作用 / 11
  • 3 相互作用の任意性 / 14
  • 4 級數の收歛性 / 16
  • 5 ベクトルおよび擬ベクトル理論における相互作用 / 19
  • 第二章 核力 / 23
  • 6 一般論 / 23
  • 7 直接の相互作用の決定 / 26
  • 8 核ポテンシャル / 31
  • 9 核ポテンシャルの實驗式 / 34
  • 10 理論と實驗との比較 / 39
  • 第三章 核粒子の磁氣能率 / 47
  • 11 一般論 / 47
  • 12 核粒子の磁氣エネルギー演算子 / 50
  • 13 理論と實驗との比較 / 52
  • 14 切斷假説による檢討 / 55
  • 第四章 原子核のβ崩壞と中間子の壽命 / 59
  • 15 一般論 / 59
  • 16 原子核のβ崩壞の擬スカラー理論 / 62
  • 17 原子核のβ崩壞のベクトル理論 / 66
  • 18 中間子の固有壽命 / 68
  • 19 理論と實驗との比較 / 69
  • 第五章 中間子の發生と捕獲および散亂 / 75
  • 20 宇宙線と中間子 / 75
  • 21 光子による中間子の創生と原子核による中間子の捕獲 / 79
  • 22 Heitler‐Wilsonの方法 / 84
  • 23 中間子の核散亂 / 88

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中間子理論
著作者等 荒木 源太郎
書名ヨミ チュウカンシ リロン
出版元 秋田屋
刊行年月 昭和23
ページ数 90p
大きさ 21cm
NCID BN06965628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46015386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想