秩序変革期の日本の選択 : 「米・欧・日」三極システムのすすめ

五百旗頭真 著

いかなるリーダーシップとパートナーシップが今、日本に求められるのか?新しい世界秩序を構成する者として、日本がどう振舞うべきかを、気鋭の国際政治学者が歴史的視点から洞察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 米・欧・日パートナーシップ(アメリカから伸びる影-日米破局の教訓
  • 危機の似合うイギリス-新"日英同盟"の可能性
  • ヨーロッパからきこえる音-統合ECの息吹
  • 冷戦後の世界と日本の選択-重層的協調システムのなかの日本)
  • 第2部 日本社会とリーダーシップ(日本外交の意思決定-「中空」政治文化をこえて
  • 裁かれたもの、裁かれなかったもの-東京裁判の検証
  • 「二つの戦後」をどう生きるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秩序変革期の日本の選択 : 「米・欧・日」三極システムのすすめ
著作者等 五百旗頭 真
書名ヨミ チツジョ ヘンカクキ ノ ニホン ノ センタク
書名別名 Chitsujo henkakuki no nihon no sentaku
シリーズ名 PHPブライテスト
出版元 PHP研究所
刊行年月 1991.11
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4569534252
NCID BN06959374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92006199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想