西脇順三郎詩集

那珂太郎 編

伝統や因習にとらわれない詩的言語の新しさによって、日本近代詩のスタイルに大きな影響を与えた西脇順三郎の代表作を収める。

「BOOKデータベース」より

萩原朔太郎やヨーロッパのシュールレアリズム運動にふれて詩人として出発した西脇順三郎(一八九四‐一九八二)は、伝統にとらわれない詩的言語の新しさで、日本の近代詩のスタイルに大きな影響を与えた。『Ambarvalia』『旅人かへらず』等から代表作を精選。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『Ambarvalia』から
  • 『あむばるわりあ』から
  • 『旅人かへらず』から
  • 『近代の寓話』から
  • 『第三の神話』から
  • 『失われた時』から
  • 『豊饒の女神』から
  • 『えてるにたす』から
  • 『宝石の眠り』から
  • 『禮記』から
  • 『鹿門』から
  • 『人類』から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西脇順三郎詩集
著作者等 西脇 順三郎
那珂 太郎
書名ヨミ ニシワキ ジュンザブロウ シシュウ
書名別名 Nishiwaki junzaburo shishu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.11
ページ数 480p
大きさ 15cm
ISBN 4003113012
NCID BN06958360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92015104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想