日本の軍隊

飯塚浩二 著

日本の軍隊、帝国臣民の行動様式は、敗戦とともに消え去ったのだろうか?軍隊経験者の討論や様々な文献の検討を通して、人間性を抹殺し、人間を濫用した軍隊の日本社会における役割を明らかにした本書は現在の自衛隊論議の際にも第一に読まれるべき名著である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の軍隊
著作者等 飯塚 浩二
書名ヨミ ニホン ノ グンタイ
書名別名 Nihon no guntai
シリーズ名 同時代ライブラリー 87
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.11
ページ数 365p
大きさ 16cm
ISBN 4002600874
NCID BN06957696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想