大和政権と古代氏族

加藤謙吉 著

律令前代の政治体制を解明するためには、古代氏族の研究は欠かせない。本書は個個の氏族の性格を厳密な実証的見地に立って検討し、古代氏族の実像を明らかにするとともに、内政・外交に果たした氏族層の役割や、制度・組織と氏族との関わりの分析を通して、大和政権の実態に迫る。また斑鳩藤ノ木古墳と古代氏族の関わりについての論考も収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大夫制と大夫選任氏族
  • 第2章 複姓成立に関する一考察
  • 第3章 境部の職掌について
  • 第4章 猪名県に関する2、3の問題
  • 第5章 上宮王家と膳氏
  • 第6章 平群地方の地域的特性と藤ノ木古墳
  • 第7章 東漢氏の氏族組織の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大和政権と古代氏族
著作者等 加藤 謙吉
書名ヨミ ヤマト セイケン ト コダイ シゾク
書名別名 Yamato seiken to kodai shizoku
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1991.11
ページ数 287, 17p
大きさ 22cm
ISBN 4642022538
NCID BN06953811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想