日本初期資本主義史論

中村哲 著

明治維新を起点とする日本経済近代化の基本的条件とは何か-幕末から明治初年にかけての錦織物業の生産・流通過程の実証的分析を通して、日本資本主義の形成過程を明らかにする。本書は、新しい比較史的視点による日本資本主義成立史をも企図した著者の長年にわたる注目の研究集成である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 初期資本主義論(近世後期における農村工業の発達
  • 初期資本主義の理論
  • 開港の比較経済史)
  • 第2部 幕末・明治初年の農村錦織物業(尾濃地方の錦織物業
  • 河内における在方木綿商人
  • 武蔵・川口周辺の錦織物業)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本初期資本主義史論
著作者等 中村 哲
書名ヨミ ニホン ショキ シホン シュギシ ロン
書名別名 Nihon shoki shihon shugishi ron
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1991.11
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4623021270
NCID BN06952433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92009101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想