鉄の誕生

イ・ペシキン 著 ; 野中昌夫 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第1章 人間はどのようにして鉄の性質を認識したか
  • 1. 金属時代のあけぼの / p11
  • 2. 人間が金属の製錬法をまなんだのはいつか / p14
  • 3. 褐色の石の秘密 / p17
  • 4. 地上,地中に鉄はどれだけあるか / p24
  • 5. 鉄--鋼--銑鉄 / p26
  • 第2章 現代製鉄業が成り立つまで
  • 1. 旧ロシアの製鉄業 / p33
  • 2. 資本主義制度のもとでの製鉄業 / p42
  • 3. 3人の兵士に1丁のライフル銃 / p46
  • 4. ソビエト最初の機械化高炉 / p47
  • 5. ウラル・クズネツク・コンビナートの誕生 / p49
  • 第3章 高炉のたべもの--鉄鉱石
  • 1. 世界の鉄鉱床分布状況 / p53
  • 2. 鉄鉱石,およびそれといっしょに出てくるもの / p59
  • 3. 還元剤--炭素 / p62
  • 4. 媒溶剤(フラックス)とはなにか / p67
  • 5. 空気を送りこむ工場 / p68
  • 第4章 現代の大型高炉の構造.そのなかで起こっていること
  • 1. 高炉の構造 / p73
  • 2. 高炉の炉型 / p74
  • 3. 荷役労働者なしに動く高炉 / p76
  • 4. 高炉への食料の供給 / p80
  • 5. 高炉のなかへの旅 / p82
  • 6. 高炉の火入れ / p83
  • 7. 高炉のなかで起こっていること / p84
  • 第5章 人間に従順な高炉
  • 1. いろいろな自動制御機器 / p89
  • 2. たくさんの未知数の制御 / p93
  • 3. より多く,より早く / p98
  • 4. 高圧操業 / p99
  • 5. 自動化高炉 / p100
  • 6. いよいよ銑鉄が出る / p102
  • 7. 銑鉄はなんに使われるか / p104
  • 第6章 銑鉄から鋼へ
  • 1. ロシアの冶金技術者の貢献 / p108
  • 2. ベッセマー転炉のしくみ / p112
  • 3. 平炉製鋼法はどのようにして開発されたか / p115
  • 第7章 鋼ができあがる
  • 1. 鋼はなにからつくられるか / p119
  • 2. 製鋼作業のはじまり / p122
  • 3. 酸素の活用 / p126
  • 第8章 急速製鋼法
  • 1. バトンはうけつがれた / p132
  • 2. 新しい耐火材 / p133
  • 3. 酸素富化送風法 / p135
  • 第9章 鋼のさまざまな種類
  • 1. ダマスク鋼の秘密 / p139
  • 2. 技術進歩の基礎--特殊鋼 / p143
  • 3. 電気冶金 / p148
  • 第10章 鋼塊の誕生
  • 1. 空中のとりべ / p153
  • 2. 結晶と水 / p155
  • 3. ブルーミングとスラブシャー / p162
  • 4. 連続造塊法 / p166
  • 第11章 鋼材の生産
  • 1. 圧延機とロール / p171
  • 2. 鋼材のいろいろ / p173
  • 第12章 鋼の内部構造とつよさ
  • 1. 大砲はなぜこわれたか / p180
  • 2. 原子の世界で / p185
  • 3. 15万倍に拡大して見る / p188
  • 4. 4分の1世紀まえとくらべると / p190
  • 第13章 今日と明日
  • 1. 酸素--敵か味方か / p194
  • 2. 鋼を高炉から取り出す / p201
  • 3. 将来の製鉄技術 / p202
  • 索引 / p209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄の誕生
著作者等 Peshkin, Il'ia Solomonovich
野中 昌夫
Peshkin Ili︠a︡ Solomonovich
イ・ペシキン
書名ヨミ テツ ノ タンジョウ
シリーズ名 科学普及新書
出版元 東京図書
刊行年月 1967
ページ数 216p
大きさ 19cm
NCID BN06949778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想