緑茶・紅茶・烏竜茶の化学と機能

中林敏郎 ほか共著

本書は、人間の食生活と深く結びついた茶の起源にはじまり、茶の幅広い研究の歴史を物質的に系統立てて解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 茶の歴史
  • 2 茶の種類と製法
  • 3 茶葉の化学成分
  • 4 緑茶の化学
  • 5 紅茶の化学
  • 6 烏龍茶の化学
  • 7 茶の香気成分
  • 8 茶の保健成分
  • 9 新しい分析法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑茶・紅茶・烏竜茶の化学と機能
著作者等 中林 敏郎
伊奈 和夫
坂田 完三
書名ヨミ リョクチャ コウチャ ウーロンチャ ノ カガク ト キノウ
書名別名 Ryokucha kocha uroncha no kagaku to kino
出版元 弘学
刊行年月 1991.10
版表示 訂正1版
ページ数 179p
大きさ 27cm
ISBN 4874920683
NCID BN06944490
BN11860593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92009627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想