日米安保体制と日本国憲法

渡辺洋三 著

自衛隊とはなにか。安保条約とはなにか。なぜ、いま、自衛隊の海外派遣なのか。「日米安保」・自衛隊の変容を総検証。平和憲法を大切にするとはどういうことかをわかりやすく説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 憲法というものの考え方
  • 2 憲法九条の改正問題と安保条約
  • 3 安保条約と自衛隊-違憲審査の検証
  • 4 虚構の政治と核安保体制
  • 5 70年代から80年代安保への展開
  • 6 湾岸戦争と日本国憲法
  • 90年代安保と民主主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米安保体制と日本国憲法
著作者等 渡辺 洋三
書名ヨミ ニチベイ アンポ タイセイ ト ニホンコク ケンポウ
書名別名 Nichibei anpo taisei to nihonkoku kenpo
シリーズ名 渡辺洋三民主主義選集
出版元 労働旬報社
刊行年月 1991.10
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 4845101769
NCID BN06940445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92004802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想