エスの本 : 無意識の探究

ゲオルク・グロデック 著 ; 岸田秀, 山下公子 訳

フロイトは人間の人格構造を超自我、自我、エスの3層にわけているが、精神分析者としてこのエスの概念を最初に提唱したのが、G・グロデックで、フロイトは彼からこの概念を借りたのである。グロデックのエスの概念はフロイトのそれよりはるかに広く、人間のあらゆる行動、病気などがすべてエスに支配されており、本書はその支配のあり方をいちいち具体的な例をあげてわかりやすく説明している。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エスの本 : 無意識の探究
著作者等 Groddeck, Georg
山下 公子
岸田 秀
グロデック ゲオルク
書名ヨミ エス ノ ホン
書名別名 Das Buch vom Es

Esu no hon
出版元 誠信書房
刊行年月 1991.11
ページ数 417p
大きさ 20cm
ISBN 4414404088
NCID BN06929373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92008894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想