バイオメカニクス

大道等 著

[目次]

  • 前編 『バイオメカニクス概観』(外力の分析
  • 筋力・筋電図の測定
  • 運動の生理的強度
  • 身体運動のスキル)
  • 後編 『動作計測法』(測定方法の工夫
  • 歩行解析:歩行路の試作
  • 重心分析システム:外力の積分
  • 時系列データの再合成
  • 誤差の生長と対策)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序節 Biomechanics研究
  • 1章 外力の分析(身体重心
  • 床反力の測定
  • 外的仕事量)
  • 2章 筋力・筋電図の測定(主働筋の筋電図
  • 拮抗筋の模型的機能
  • 動的筋力)
  • 3章 運動の生理的強度(運動強度の測度
  • 酸素消費量の連続的測定
  • 機械的効率
  • 水中運動の特殊性)
  • 4章 身体運動のスキル(スキルの概念化
  • 「よい動き」考
  • 動作の再現性とスキル
  • 子どもの動きにみるスキル
  • 「強く」「速く」の調節)
  • 5章 測定方法の工夫(瞬時心拍変動率
  • プール水面波の定量
  • 実験室Notebook)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオメカニクス
著作者等 大道 等
宮下 充正
書名ヨミ バイオメカニクス
書名別名 Baiomekanikusu
シリーズ名 身体教育学叢書
出版元 高文堂出版社
刊行年月 1988.4
版表示 増補版
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4770702566
NCID BN02280912
BN0692895X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88040044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想