新日本古典文学大系  49

佐竹昭広 [ほか]編

応仁の乱がうち続くなか、都の連歌師宗祇は、連歌盛時の代表的作者七人の秀逸句を集成し、竹林抄と称して撰進した。連歌の理想を打ち立てようとの野心に満ちた本書は、連歌史上最高の撰集であり、中世文芸として新古今集に並ぶ価値を持つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 竹林抄
  • 文安四年親当等何人百韻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新日本古典文学大系
著作者等 佐竹 昭広
宗祇
島津 忠夫
光田 和伸
寺島 樵一
鶴崎 裕雄
乾 安代
書名ヨミ シン ニホン コテン ブンガク タイケイ
書名別名 竹林抄
巻冊次 49
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.11
ページ数 479, 54p
大きさ 22cm
ISBN 4002400492
NCID BN06926739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
竹林抄 島津忠夫 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想