国境を越える労働者

桑原靖夫 著

出稼ぎ・移民労働者、難民が大量に増大しつつあり、「環境」とならぶ地球規模の課題となっている。これに対し世界各国はどのように対応してきたのか。それは送り出し国、受け入れ国双方にどんな影響を与えるのか。さまざまな経験と模索をコンパクトにまとめ今後を展望する本書は、日本の外国人労働者問題を考えるうえで必読の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家を揺さぶるヒトの流れ
  • 第2章 国際労働力移動の変遷をみる
  • 第3章 アジアにおける受け入れ国
  • 第4章 アジアにおける送り出し国
  • 第5章 模索する受け入れ国の経験から
  • 第6章 国際労働力移動を理解するために
  • 第7章 グローバル・マイグレーションの時代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境を越える労働者
著作者等 桑原 靖夫
書名ヨミ コッキョウ オ コエル ロウドウシャ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.11
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4004301963
NCID BN06914296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92014548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想