ヨーロッパ周辺の近代

イヴァン・T.ベレンド, ジェルジュ・ラーンキ [著] ; 柴宜弘 [ほか]共訳

中心=周辺のシステム論に依って、産業革命をへた西欧からの挑戦に周辺-北欧・南欧・東欧がどのように対応して経済発展をとげたかを比較検討する。ヨーロッパ近代史だけでなく、現在のヨーロッパの「南北問題」を知るための絶好の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパの後進地域と産業革命の挑戦
  • 第2章 変革の社会的・政治的条件
  • 第3章 経済発展の人的要因
  • 第4章 経済発展への国家の役割
  • 第5章 世界市場への周辺の統合
  • 第6章 貿易、輸出産業部門の発展とその影響
  • 第7章 工業化と経済発展の水準

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ周辺の近代
著作者等 Berend, T. Iván
Berend, Tibor Iván
Ránki, György
柴 宜弘
ラーンキ ジェルジュ
今井 淳子
今村 労
柴 理子
ベレンド イヴァン・T.
書名ヨミ ヨーロッパ シュウヘン ノ キンダイ : 1780 1914
書名別名 The European periphery and industorialization 1780-1914

1780~1914
シリーズ名 人間科学叢書 19
出版元 刀水書房
刊行年月 1991.10
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4887081286
NCID BN0691090X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想