手形法小切手法概論

田中耕太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 總論 / 1
  • 第一章 手形法序說 / 1
  • 第一節 緖論 / 1
  • 第二節 手形の經濟的機能 / 7
  • 第三節 手形法學の任務及び對象 / 22
  • 第四節 手形法の法律體系中に於ける地位 / 28
  • 第一款 形式的考察 / 28
  • 第二款 實質的考察 / 32
  • 第五節 手形制度の沿革槪觀 / 61
  • 第一款 手形の起源 / 63
  • 第二款 市場手形時代及び裏書發逹の經過 / 71
  • 第三款 手形法の淵源 / 80
  • 第六節 手形法文獻 / 91
  • 第二章 總則論 / 95
  • 第一節 手形の槪念 / 95
  • 第二節 手形行爲 / 111
  • 第一款 總說 / 111
  • 第二款 商行爲性及び組織法的性質 / 126
  • 第三款 要式性 / 135
  • 第四款 手形行爲と法律行爲に關する民法の一般原則 / 142
  • 第五款 手形能力 / 148
  • 第六款 手形行爲の代理 / 154
  • 第三節 手形上の權利 / 162
  • 第一款 緖說 / 162
  • 第二款 權利の取得 / 166
  • 第三款 權利の行使殊に手形抗辯 / 173
  • 第四款 權利の消滅 / 188
  • 第四節 僞造變造の手形及び之れに關する手形行爲、手形の抹消毀損及び喪失 / 199
  • 第五節 手形の實質關係 / 211
  • 第一款 原因關係 / 212
  • 第二款 手形豫約 / 228
  • 第三款 資金關係 / 230
  • 第四款 荷爲替手形 / 236
  • 第二編 爲替手形 / 243
  • 第一章 基本手形 / 243
  • 第一節 總說 / 243
  • 第二節 經常的記載事項 / 254
  • 第一款 手形文句 / 254
  • 第二款 一定の金額の支拂の委託 / 256
  • 第三款 手形當事者 / 262
  • 第四款 滿期の指定 / 277
  • 第五款 支拂を爲すべき地の指定 / 282
  • 第六款 振出の日の指定 / 286
  • 第七款 振出地の指定 / 288
  • 第三節 任意的記載事項 / 289
  • 第一款 手形法に規定ある事項 / 289
  • 第二款 手形法に規定なき事項 / 295
  • 第四節 不完全手形殊に白地手形 / 303
  • 第二章 振出 / 317
  • 第一節 振出の性質 / 317
  • 第二節 振出の效力 / 326
  • 第三章 裏書 / 332
  • 第一節 總論 / 332
  • 第二節 裏書の方式 / 342
  • 第三節 裏書の效力 / 353
  • 第四節 特殊の裏書 / 367
  • 第一款 無擔保裏書 / 368
  • 第二款 裏書禁止裏書 / 369
  • 第三款 取立委任裏書 / 370
  • 第四款 質入裏書 / 381
  • 第五款 戻裏書 / 384
  • 第六款 期限後裏書 / 390
  • 第四章 引受 / 397
  • 第一節 性質及び效力 / 397
  • 第二節 引受の爲めにする呈示 / 403
  • 第三節 引受の方式 / 412
  • 第四節 不單純引受 / 417
  • 第五章 支拂 / 421
  • 第一節 總說 / 421
  • 第二節 支拂の爲めにする呈示 / 423
  • 第三節 支拂の時期 / 427
  • 第四節 支拂の目的 / 436
  • 第五節 支拂人の調査義務 / 439
  • 第六節 支拂の態樣 / 447
  • 第七節 支拂以外の債務消滅原因 / 448
  • 第六章 遡求 / 451
  • 第一節 總說 / 451
  • 第二節 遡及の要件 / 458
  • 第一款 期前遡及 / 458
  • 第二款 滿期後の遡及 / 463
  • 第三節 拒絕證書の作成の免除 / 468
  • 第四節 不可抗力に因る呈示期間の伸長 / 472
  • 第五節 遡及の通知 / 480
  • 第六節 遡及の金額 / 486
  • 第七節 遡及の方法 / 491
  • 第七章 保證 / 496
  • 第八章 參加 / 507
  • 第一節 總說 / 507
  • 第二節 參加引受 / 513
  • 第三節 參加支拂 / 519
  • 第九章 拒絕證書 / 526
  • 第十章 複本及び謄本 / 539
  • 第一節 總說 / 539
  • 第二節 複本 / 540
  • 第三節 謄本 / 548
  • 第三編 約束手形 / 555
  • 第四編 小切手 / 567
  • 第五編 國際手形法及び小切手法 / 611
  • 餘論 手形理論 / 623

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 手形法小切手法概論
著作者等 田中 耕太郎
書名ヨミ テガタホウ コギッテホウ ガイロン
出版元 有斐閣
刊行年月 1935
版表示 訂正版
ページ数 651, 9p
大きさ 23cm
NCID BN12235583
BN12414753
BN06910615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72010373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想