中世の修道制

上智大学中世思想研究所 編

本書に収められた諸論文は、大修道会の成立過程を中心に、相異なるさまざまな修道形態の自己理解と特色を描き出そうとしたものである。そのため、当時の時代状況を背景に、創立者の霊的経験と意図、修道会の霊性が考察され、さらに具体的な日常生活形態までも検討される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東方キリスト教修道制の起源と展開
  • 2 ビザンツの修道制
  • 3 アウグスティヌスの修道霊性
  • 4 ガロ・ロマン末期のローヌ修道制-レランス修道院とその周辺
  • 5 聖ベネディクトゥスの『戒律』とその霊性
  • 6 隠修士とその時代-ラ・グランド・シャルトルーズ修道院を中心に
  • 7 シトー創立と「使徒的生活」
  • 8 騎士修道会の創設とその日常生活-Templiersを中心として
  • 9 最初の律修参事会-プレモントレ会の創立をめぐって
  • 10 フランシスコ会の創立をめぐって
  • 11 ドミニコの霊性と説教者兄弟会-言の新たな次元の開披
  • 12 ベルギー中世のベギン運動
  • 13 イグナティウス・デ・ロヨラの神秘体験-イエズス会の霊性の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の修道制
著作者等 Vierhaus, Josef
上智大学中世思想研究所
古谷 功
国府田 武
土橋 茂樹
坂口 昂吉
大森 正樹
宮本 久雄
岸 ちづ子
徳田 直宏
杉崎 泰一郎
橋口 倫介
田辺 菫
矢内 義顕
鈴木 宣明
書名ヨミ チュウセイ ノ シュウドウセイ
書名別名 Chusei no shudosei
シリーズ名 上智大学中世思想研究所紀要中世研究 第8号
出版元 創文社
刊行年月 1991.10
ページ数 354, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4423300869
NCID BN06910535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92008926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想