シェイクスピアを読む

岡村俊明 著

喜劇、悲劇、史劇、ロマンス劇-。ありとあらゆる人間が登場し、おのれと世のありようを仮借なく問いかけてくる。劇場での感動をさらに高めるシェイクスピア文学への誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原文と翻訳のあいだで
  • 2 シェイクスピアを読む
  • 3 観客とフォールスタッフ
  • 4 歴史劇への視点-『ジュリアス・シーザー』
  • 5 王侯貴族と庶民-『リチャード3世』
  • 6 2組の刺客の視点から-『リチャード3世』
  • 7 歴史劇から悲劇へ-『リチャード3世』と『マクベス』
  • 8 マクベスにとって恐怖とは
  • 9 ジュリエットの乳母-『ロミオとジュリエット』
  • 10 「喜劇」の恋-『お気に召すまま』
  • 11 中年の愛-『アントニーとクレオパトラ』
  • 12 母と息子-ガートルードとハムレット
  • 13 老人の願望-『リア王』
  • 14 父の遺訓
  • 15 なぜアポロの神託か-『冬の夜語り』
  • 16 シェイクスピアの生と夢と…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアを読む
著作者等 岡村 俊明
書名ヨミ シェイクスピア オ ヨム
書名別名 Sheikusupia o yomu
シリーズ名 朝日選書 438
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1991.11
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4022595388
NCID BN06909296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92009956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想