ディオニューソス : バッコス崇拝の歴史

アンリ・ジャンメール 著 ; 小林真紀子 ほか訳

古代ギリシア、地中海文化の無意識を支配した暗冥なる神、ニーチェが甦らせた恐るべき子神ディオニューソスとは何者か。ディオニューソス(バッコス)崇拝の歴史をはじめて通時的に叙述した古典的名著の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディオニューソスの来訪
  • 第2章 ディオニューソスに関する最古の証言
  • 第3章 バッコス
  • 第4章 神による「マニアー」(熱狂)
  • 第5章 マイナス的行動
  • 第6章 ディーテュランボス(聖なる輪舞)
  • 第7章 ティアソス(信徒団)と演劇の起源
  • 第8章 神話と秘儀のディオニューソス
  • 第9章 ヘレニズム社会とグレコ・ローマン時代のディオニューソス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディオニューソス : バッコス崇拝の歴史
著作者等 Jeanmaire, Henri
小林 真紀子
前田 寿彦
松村 一男
福田 素子
ジャンメール アンリ
書名ヨミ ディオニューソス
書名別名 Dionysos

Dionyusosu
出版元 言叢社
刊行年月 1991.10
ページ数 695, 63p
大きさ 22cm
ISBN 4905913403
NCID BN06906017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想