魯迅「野草」全釈

片山智行 著

「絶望が虚妄であるのは、まさに希望と同じだ!」魯迅の精神の営みが昇華して生まれた散文詩集『野草』。高い完成度を示すその作品群は、魯迅文学を理解するうえで最適のテキストといえる。本書は優れた新訳に加え、各篇を丁寧に咀嚼し解説をほどこした初めての試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 題辞
  • 秋夜
  • 影の告別
  • 乞食者
  • わたしの失恋
  • 復讐
  • 希望
  • 美しい物語
  • 過客
  • 死火
  • 犬の反駁
  • 失われたよき地獄
  • 墓碑鉛
  • くずれた線の震え
  • 立論
  • 死後
  • このような戦士
  • 利口者と馬鹿と奴隷
  • 押し葉
  • 色あせた血痕のなかに
  • まどろみ
  • 『野草』論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魯迅「野草」全釈
著作者等 片山 智行
魯迅
書名ヨミ ロジン ヤソウ ゼンシャク
書名別名 Rojin yaso zenshaku
シリーズ名 東洋文庫 541
出版元 平凡社
刊行年月 1991.11
ページ数 281p
大きさ 18cm
ISBN 4582805418
NCID BN06903631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92016601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想