皇妃ウージェニー

窪田般弥 著

19世紀資本主義社会の先鋭化した矛盾の上に立つフランス第二帝政、それは軽佻華美な風潮と無益な外征を生んだ。スペインの名門貴族の家に生まれ、ナポレオン3世の妻となったウージェニーは、その陰の推進者であった。無類の美貌ゆえに華麗にして数奇な運命を担った1女性の波乱の生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グラナダの娘たち
  • 第2章 2つの悲恋
  • 第3章 ルイ・ナポレオン
  • 第4章 結婚
  • 第5章 第2帝政
  • 第6章 君臨する皇妃
  • 第7章 流謫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇妃ウージェニー
著作者等 窪田 般弥
書名ヨミ コウヒ ウージェニー
書名別名 第二帝政の栄光と没落

Kohi ujeni
出版元 白水社
刊行年月 1991.9
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 4560028621
NCID BN06887455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92001751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想