イギリス道徳哲学の諸問題と展開

日本倫理学会 編

ホッブズからJ・S・ミルまで-。自然法・道徳感覚・正義・功利など、イギリス道徳哲学が主題化した諸々の問題を、現代的視点から鮮明に浮き彫りにし、その継承と展開を精緻に追究する。気鋭の手になる斯界注目の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホッブズの道徳哲学-「自然権」と「自然法」をめぐって
  • ケンブリッジ・プラトン学派の思想基盤-ウィチカットにおける神・人間・理性
  • 理性対道徳感覚論争とハチスンの立場
  • ヒュームとスミス-正義と熟慮
  • アダム・スミスにおける自然と社会-sympathyとspectator
  • ヒュームにおける理性、情念と道徳
  • 権利と功利-ベンタムの道徳的自由放任主義
  • イギリス道徳哲学とJ.S.ミル
  • 自然法思想の一考察-ホッブズからJ・S・ミルまで
  • イギリス市民社会の倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス道徳哲学の諸問題と展開
著作者等 日本倫理学会
書名ヨミ イギリス ドウトク テツガク ノ ショモンダイ ト テンカイ
シリーズ名 日本倫理学会論集 26
出版元 慶応通信
刊行年月 1991.10
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4766404815
NCID BN06886703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92006019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想