大興安嶺探検 : 1942年探検隊報告

今西錦司 編

1942年、自由の天地を求めて若き探検家グループ21名は、憧れの大地へ飛び出して行った-。日本の生態学の第一人者で探検家でもある今西錦司を隊長に、森下正明、吉良竜夫、川喜田二郎、梅棹忠夫、藤田和夫ら、現在、アカデミズムの頂点に立つ諸氏の青春時代の探検記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 探検の前夜
  • 2 ガン河
  • 3 白色地帯
  • 4 漠河隊
  • 5 ビストラヤ本流からアムールへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大興安嶺探検 : 1942年探検隊報告
著作者等 今西 錦司
書名ヨミ ダイコウアンレイ タンケン
書名別名 Daikoanrei tanken
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1991.10
ページ数 597p
大きさ 15cm
ISBN 4022606673
NCID BN06874613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91069539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想