近松門左衛門

武井協三 編

従来の作品論にかたよった近松像から一歩踏み出し、書誌・伝記・人形論・音楽論などから多角的に「演劇」作者=近松の実像に迫る最適な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近松研究の方法
  • 2 近松の芸術観・近松作品論-江戸時代・明治時代(難波みやげ
  • 俗耳鼓吹
  • 松蘿玉液
  • 近松とシェークスピヤ)
  • 3 現代の研究(近松浄瑠璃丸本奥附考
  • 近松門左衛門の幼少年時代について
  • 近松世話浄瑠璃における口上と手妻について
  • 近松の音楽と構成
  • 「弘徽殿鵜羽産家」の背景、いわゆる「正徳の治」
  • 近松の発見した世話<悲劇>の意味)
  • 4 研究の手びき(近松主要作品解題
  • 作品地図
  • 近松門左衛門略年譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近松門左衛門
著作者等 武井 協三
書名ヨミ チカマツ モンザエモン
書名別名 Chikamatsu monzaemon
シリーズ名 江戸人物読本 4
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1991.10
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4831505315
NCID BN06866422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想