生活の世界歴史  4

弓削 達【著】

名誉欲と悪徳の渦巻く文明崩壊の時代をローマ人はどんな心を抱いて生きたか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 生の中の死、死の中の生
  • 天国と地獄-セネカの世界
  • 悪徳の告発-奢侈美食・浪費・堕落
  • 告発された女たち
  • 価値ある生を憧れて
  • 理想と現実の狭間で-小ブリニウスの生活と意見
  • エピローグ-労苦の報いは空であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活の世界歴史
著作者等 弓削 達
書名ヨミ セイカツ ノ セカイ レキシ
書名別名 素顔のローマ人

Seikatsu no sekai rekishi
シリーズ名 河出文庫
巻冊次 4
出版元 河出書房新社
刊行年月 1991.8
ページ数 345, 10p
大きさ 15cm
ISBN 4309472141
NCID BN06865714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94025918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
素顔のローマ人 弓削 達
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想