物語アメリカの歴史 : 超大国の行方

猿谷要 著

アメリカは民主主義の理念を具体的に政治に実現させた最初の国である。独立宣言の中心「すべての人間は生まれながらにして平等である」は、今なお民主主義国家の道標として輝き続けているものの、人種間の問題や戦争など、建国から2百年余、その歴史は平坦ではなく、生々しい傷がまだ癒えることなくその跡をとどめている。この超大国の光と影を、戦後深いつながりをもって歩んできた日本との関係もまじえて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 歴史の入り口で
  • 第1章 新しい共和国の誕生
  • 第2章 国家分裂の危機
  • 第3章 アメリカ帝国の出現
  • 第4章 大衆消費の実現と大恐慌
  • 第5章 アメリカの世紀
  • 第6章 平等への闘い
  • 第7章 超大国の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語アメリカの歴史 : 超大国の行方
著作者等 猿谷 要
書名ヨミ モノガタリ アメリカ ノ レキシ
書名別名 Monogatari amerika no rekishi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.10
ページ数 292p
大きさ 18cm
ISBN 4121010426
NCID BN06856666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92014355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想