宮内悊 著

日本の伝統的な箱(櫃)と西欧のチェストを比較文化史の視点から考察し、居住・収納・運搬・装飾の各分野で箱の果たした多彩な役割を探るとともに、曲物・刳物・指物等さまざまな製作技術の展開を豊富な実例により跡づけ、聖俗両面にわたる箱の文化を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 箱の定義と分類
  • 1章 箱の原型
  • 2章 住まいと箱
  • 3章 信仰と箱
  • 4章 運搬と箱
  • 5章 民族技術と箱
  • 終章 箱の文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 宮内 悊
稲垣 栄三
宮内 〓
書名ヨミ ハコ
書名別名 Hako
シリーズ名 ものと人間の文化史 67
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.11
ページ数 377p
大きさ 20cm
ISBN 4588206710
NCID BN06854478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想