インドでわしも考えた

椎名誠 著

インド人は老若男女、朝晩カレーを食べているのだろうか?カースト制度は今もなお生きているのか?なぜターバンをまくのか、そして女性はサリーしか着ないというけどホントか?以上の3大?の真相を求めてシーナ部隊はインドに飛んだ。静寂と喧騒の渦巻く混沌の国を半径3メートルの実感で進む面白リアリズムの人間紀行。カラーたっぷり文庫。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はたしてインド人は空中3メートルを浮揚するか
  • ボンベイふらふら出たとこ勝負
  • じわじわとインドの熱気が迫ってきた
  • ク・フフフと富豪のヨガ先生は右頬で笑った
  • サリーの秘密はインドの秘密なのだ
  • カルカッタの逆上プロレスヨガは目玉で勝負した
  • インドの野良牛も地べたにころんで瞑想する
  • ガンガーの赤い叫びが川面を裂いた
  • 死者たちのよろこびをのせてガンガーは今日も流れる
  • あやしのワイセツ村カジュラホーでまんまる男がふふふと笑う
  • 愛と疑問のタージ・マハルにインドの赤い夕陽がおちる
  • 5千人のメカケをかこうインドの王にわしらは怒る
  • さらばデリー さらば不可思議の巨大三角国家よ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドでわしも考えた
著作者等 椎名 誠
書名ヨミ インド デ ワシ モ カンガエタ
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1988.1
ページ数 231p
大きさ 16cm
ISBN 4087492931
NCID BN0684515X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88015817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想