ランダムな世界を究める : 物質と生命をつなぐ新物理学

米沢富美子, 立花隆 著

水晶にように、原子の並び方がすっきりと規則正しい"結晶"。固体であるにもかかわらず、原子の並び方がばらばらでランダムな"アモルファス"。ガラスから半導体まで、私たちの身のまわりのあちこちで使われるアモルファスは、古くて新しい物質だ。アモルファスのランダムであるがゆえの魅力にとりつかれた、個性豊かな1人の女性物理学者が、あるときは鉛筆を片手に、あるときはスーパーコンピューターを駆使して"ランダムな世界"を解きあかしてきた。好奇心に満ちたジャーナリストと,その謎解きの面白さを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新しい材料としてのアモルファス
  • 第2章 "物"の性質を追求する
  • 第3章 コンピューターが描く"アモルファスの世界"
  • 第4章 物理学との出会い
  • 第5章 社会のなかの科学を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ランダムな世界を究める : 物質と生命をつなぐ新物理学
著作者等 立花 隆
米沢 富美子
書名ヨミ ランダムナ セカイ オ キワメル
シリーズ名 対話 8
ソフトテクノロジーシリーズ 8
出版元 三田出版会
刊行年月 1991.11
ページ数 217p
大きさ 22cm
ISBN 4895830896
NCID BN06837945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92005013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想