芭蕉雑記・西方の人 : 他七篇

芥川竜之介 著

1929年夏の自殺にむかって急傾斜してゆく芥川。その精神の秘密を、評論・小説・随筆・遺書と、様々な体裁をとりながら彼らしい教養と機智のおもむくままに、工夫をこらして表現した作品を集めた。「芭蕉雑記」「『今昔物語』の鑑賞」など、その後の古典研究に画期をなした作品も含まれており、余りに早い死が惜しまれる。

「BOOKデータベース」より

1829年夏の自殺にむかって急傾斜してゆく芥川。その精神の秘密を、評論・小説・随筆・遺書と、様々な体裁をとりながら彼らしい教養と機智のおもむくままに、工夫をこらして表現した作品を集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芭蕉雑記
  • 僻見
  • 三つのなぜ
  • 『今昔物語』鑑賞
  • 西方の人
  • 続西方の人
  • 或旧友へ送る手記
  • 闇中問答
  • 十本の針

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芭蕉雑記
  • 僻見
  • 三つのなぜ
  • 『今昔物語』鑑賞
  • 西方の人
  • 続西方の人
  • 或旧友へ送る手記
  • 闇中問答
  • 十本の針

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉雑記・西方の人 : 他七篇
著作者等 芥川 竜之介
書名ヨミ バショウ ザッキ サイホウ ノ ヒト
書名別名 西方の人
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.10
ページ数 200p
大きさ 15cm
ISBN 4003190211
NCID BN06834346
BN07353751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想