腸は考える

藤田恒夫 著

人間のからだの中でも軽く見られがちな胃や腸。しかし、これらの器官は、食物の成分をすばやく認識したり、毒素の排出を指令するなど、脳と同じ原理で絶妙な働きをしている。消化管ホルモンの研究で大きな成果をあげてきた著者が、酒が胃を強くする話など意外なエピソードをまじえながら、知られざる腸の働きとその素晴らしさを語る。

「BOOKデータベース」より

人間のからだの中でも軽く見られがちな胃や腸。しかし、これらの器官は、食物の成分をすばやく認識したり、毒素の排出を指令するなど、脳と同じ原理で絶妙な働きをしている。消化管ホルモンの研究で大きな成果をあげてきた著者が、酒が胃を強くする話など意外なエピソードをまじえながら、知られざる腸の働きとその素晴らしさを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 腸は小さな脳である
  • 2 神経かホルモンか-消化管ホルモン研究の盛衰
  • 3 センサー細胞の発見
  • 4 ホルモンに魅せられた人々
  • 5 下痢の元をたずねて
  • 6 瀬木の帽子
  • 7 臓器を大きくする消化管ホルモン
  • 8 ひろがる細胞の輪-パラニューロン
  • 9 腸のセンサー細胞のルーツを求めて

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 腸は小さな脳である
  • 2 神経かホルモンか-消化管ホルモン研究の盛衰
  • 3 センサー細胞の発見
  • 4 ホルモンに魅せられた人々
  • 5 下痢の元をたずねて
  • 6 瀬木の帽子
  • 7 臓器を大きくする消化管ホルモン
  • 8 ひろがる細胞の輪-パラニューロン
  • 9 腸のセンサー細胞のルーツを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腸は考える
著作者等 藤田 恒夫
書名ヨミ チョウ ワ カンガエル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.10
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4004301912
NCID BN06834131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92006500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想