色道諸分難波鉦 : 遊女評判記

酉水庵無底居士 作 ; 中野三敏 校注

難波の鉦(どら)息子が親の目を盗んで遊里へ出かけ、馴染みの遊女に「遊び」の指南を受ける。遊女達は客の問に応じて、遊里での作法から客と遊女の心理的駆引まで、その手練手管をつぶさに語る。大阪新町を舞台にした「遊女評判記」の白眉と称すべきこの作品は、西鶴等の浮世草子や洒落本の先駆で、江戸初期俗語研究の貴重な文献。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色道諸分難波鉦 : 遊女評判記
著作者等 中野 三敏
酉水庵 無底居士
書名ヨミ シキドウ ショワケ ナニワドラ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.10
ページ数 273p
大きさ 15cm
ISBN 4003026217
NCID BN06834084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想