芭蕉の門人

堀切実 著

芭蕉は多くの門人を集め、その数は300人とも2000人ともいわれれている。門人たちは江戸俳壇で大きな位置を占め、蕉門は華ひらいた。芭蕉の精神は彼らにどのように継承され発展したのだろうか。其角・嵐雪・杉風・去来・丈草・凡兆・許六・支考・野坡・惟然の10人を、新「蕉門の十哲」として挙げ、その生涯や作風、複雑な人間模様をえがく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芭蕉と門人-はじめに
  • 1 東西の俳諧奉行(去来
  • 杉風)
  • 2 武門の出-二筋の道(許六
  • 丈草)
  • 3 江戸蕉門のリーダー(其角
  • 嵐雪)
  • 4 行脚俳諧師(支考
  • 野坡)
  • 5 個性の作者(凡兆
  • 惟然)
  • 蕉門のゆくえ-おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉の門人
著作者等 堀切 実
書名ヨミ バショウ ノ モンジン
書名別名 Basho no monjin
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.10
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 4004301904
NCID BN06833820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92006947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想