ドナウ河紀行

加藤雅彦 著

ドイツの黒森に発し、黒海に注ぐドナウ。東欧・中欧8か国を流れるこの約2900キロの大河の両岸には、多彩な文化に彩られた独特の「ドナウ世界」が広がっている。古代ローマの植民やハプスブルク家の時代から冷戦期を経て現在に至るまでの歴史を織り込みながら、多様な民族や宗教を軸に今も揺れ動くこの地域へやさしく案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シュヴァルツヴァルトの森から(ドイツ)
  • 2 甦る"ドナウ帝国"(オーストリア)
  • 3 ゲルマンからスラブへ(チェコスロヴァキア)
  • 4 ルーツはアジア系民族(ハンガリー)
  • 5 "欧州の火薬庫"は、いま(ユーゴスラヴィア)
  • 6 バルカンの深奥(ブルガリア)
  • 7 スラブ海のラテン島(ルーマニア)
  • 8 "赤きドナウ"の終焉(ソ連)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドナウ河紀行
著作者等 加藤 雅彦
書名ヨミ ドナウガワ キコウ
書名別名 東欧・中欧の歴史と文化

Donaugawa kiko
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.10
ページ数 220, 9p
大きさ 18cm
ISBN 4004301890
NCID BN06833489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92006157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想