存在と無のはざまで : ハイデッガーと形而上学

嶺秀樹 著

ハイデッガーを突き動かす<形而上学の本質への問い>。本書は、主要著作、講義、遺稿『哲学への寄与』の綿密な解釈を通して、ハイデッガーと西洋形而上学との抜き差しならぬ関係に新たな光をあてる。フッサールやニーチェの思想をも射程に入れたハイデッガー読解の異色の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ハイデッガーとの対話-還元と超越をめぐって
  • 第1部 存在論的差異(存在への問い
  • 超越と存在論的差異)
  • 第2部 形而上学批判-ハイデッガーとニーチェ(形而上学批判
  • 主体のトポス-ニーチェ的主体の構造
  • トポスの主体-ハイデッガーの場合)
  • 第3部 ハイデッガーの元初的思索(欠如からの思索
  • 元初的思索のディスクール
  • 思索の道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 存在と無のはざまで : ハイデッガーと形而上学
著作者等 嶺 秀樹
書名ヨミ ソンザイ ト ム ノ ハザマ デ
書名別名 Sonzai to mu no hazama de
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第62編
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1991.9
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 4623021211
NCID BN06824852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92001625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想