神体山

景山春樹 著

日本の原始信仰の実態は?磐座と磐境/山宮・里宮と荒魂・和魂 加茂族と出雲族/日吉大社や三輪山など各地に残る神体山信仰から古代祭祀を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 原始信仰のかたちとこころ
  • 1 日吉社の神体山信仰
  • 2 高宮信仰と多賀社
  • 3 太郎坊山と三上・田上
  • 4 水分と丹生・高野の神々
  • 5 いぶきすさぶる神の山
  • 6 かんなびのみもろの山
  • 7 加茂の神山と稲荷山信仰
  • 8 古代信仰史の標型

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神体山
著作者等 景山 春樹
岡田 精司
書名ヨミ シンタイザン
書名別名 Shintaizan
出版元 学生社
刊行年月 1971
版表示 新装版
ページ数 228p 図
大きさ 19cm
ISBN 4311202466
NCID BN06822675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74002754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想