ソクラテスの弁明 クリトン

プラトン 著 ; 久保勉 訳プラトン 著 ; 久保勉 訳

自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた「ソクラテスの弁明」、不正な死刑の宣告を受けた後、国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと、脱獄を勧める老友クリトンとの対話よりなる「クリトン」。ともにプラトン(前427‐347年)初期の作であるが、芸術的にも完璧に近い筆致をもって師ソクラテスの偉大な姿を我々に伝えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソクラテスの弁明
  • クリトン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソクラテスの弁明 クリトン
著作者等 Plato
久保 勉
阿部 次郎
プラトン
書名ヨミ ソクラテス ノ ベンメイ
書名別名 Kriton.

Κριτων

Απολογια σωκρατουσ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.4
版表示 第92刷改版.
ページ数 135p
大きさ 15cm
ISBN 4003360117
NCID BA81509970
BN04112613
BN06809961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21328282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想