サミュエルソン経済学体系  3 (資本と成長の理論)

篠原三代平, 佐藤隆三 編

厚生経済学についての評論と公共財の理論への貢献にかかわる論文20篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 厚生経済学(厚生経済学に関する評論
  • 実質国民所得の評価
  • 社会無差別曲線
  • 厚生経済学に関するコメント
  • 「独占的競争」革命
  • 返答
  • 効率性の原理-討論
  • 所得分布不変の主張にからむパレート法則解釈上の誤謬
  • アローの数理政治学
  • 結合供給と公共財との厚生条件の対比)
  • 第2部 公共経済学(公共支出の純粋理論
  • 公共支出理論の図説
  • 公共支出理論の諸側面
  • 公共支出と課税の純粋理論
  • 公共財と会員制テレビ放送-記録の修正
  • 公共財理論における政府の役割の不確定性
  • 公共財分析の落し穴
  • 現代経済の現実と個人主義
  • 民間活動の経済的役割
  • 混合経済における個人的自由と経済的自由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サミュエルソン経済学体系
著作者等 Samuelson, Paul Anthony
佐藤 隆三
篠原 三代平
酒井 泰弘
サミュエルソン P.A.
書名ヨミ サミュエルソン ケイザイガク タイケイ
書名別名 The collected scientific papers of Paul A. Samuelson

資本と成長の理論
巻冊次 3 (資本と成長の理論)
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.9
ページ数 404p
大きさ 22cm
ISBN 432654838X
NCID BN06792020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96007652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想