変容する山村

湯川洋司 著

なかば病んでいる日本社会の現状を反省するうえで、かつて日本文化や日本人の精神構造に深い影響を与えた山と山の暮らしを再評価することを重要と考え、民俗学の視点から、今日の奥会津・五木・椎葉に展開する山村生活を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山の民俗学史(山の人びと
  • 柳田国男と折口信夫
  • 山村の調査
  • 山村の類型化
  • 移動と定住
  • 高度経済成長のあとで)
  • 2 山の世界(山の領域
  • 恐ろしい山ノ神)
  • 3 山の民俗変容(展開する民俗-会津山村の人びと
  • ダムに沈む五木村
  • 里に近づく山-椎葉村尾前)
  • 4 山と現代社会(山の民俗変容と現代社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変容する山村
著作者等 湯川 洋司
書名ヨミ ヘンヨウスル サンソン
書名別名 民俗再考

Hen'yosuru sanson
出版元 日本エディタースクール出版部
刊行年月 1991.9
ページ数 328p
大きさ 20cm
ISBN 4888881782
NCID BN06791163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92000624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想