NHKフィレンツェ・ルネサンス  6

森田 義之;日高 健一郎【編】

特異な色彩と明暗法を用いて非現実的な人物像を描いたポントルモらは、時代の不安感を捉えた。また、トスカーナ大公となったメディチ家を讃え、ヴァザーリらはパラッツォ・ヴェッキオを文学的・錬金術的アレゴリーの絵画で飾った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古典主義からマニエリスムへ(ポスト・クラシックあるいはマニエリスムの時代
  • 新しい宗教芸術の展開フラ・バルトロメオ
  • 最後の古典主義画家アンドレ・デル・サルト
  • フィレンツェ・マニエリスムの創始者ポントルモ
  • 挑戦的な反古典主義者ロッソ・フィオレンティーノ)
  • 2 マニエリスムの建築家たち(建築家ミケランジェロ
  • 形式への問いかけアンマナーティ
  • ルネサンス建築の終焉)
  • 3 大公国の宮廷画家たち(メディチ家の宮廷画家ブロンズィーノ
  • フィレンツェの美術監督ヴァザーリ)
  • 4 フィレンツェ彫刻の爛熟(マニエラの彫刻家たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHKフィレンツェ・ルネサンス
著作者等 佐々木 英也
日高 健一郎
森田 義之
谷尾 襄
書名ヨミ エヌエイチケイ フィレンツェ ルネサンス
書名別名 花の都の落日 : マニエリスムの時代

Enueichikei firentsue runesansu
巻冊次 6
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1991.10
ページ数 134p
大きさ 29cm
ISBN 4140087641
NCID BN06772566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92002298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想