日本的経営の系譜

間宏 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 経営史の見方-時代には時代の論理がある- / p15
  • II 商人と職人-近代経営の前提- / p31
  • III 官営と民営-様式技術の移植- / p51
  • IV 官営から民営へ-資本の論理の徹底- / p71
  • V 工場法と温情主義-原生的労働関係の展開- / p89
  • VI 財閥独占企業の確立-経営家族主義の形成- / p107
  • VII 労働問題と温情主義-労働運動への対応- / p127
  • VIII 戦前の日本的経営-家族主義経営の構造と論理- / p145
  • IX 産業合理化運動の開幕-能率の論理の導入- / p171
  • X 第二次大戦の勃発-経営家族主義の動揺- / p191
  • XI 生活給と産報-戦争の遺産- / p211
  • XII 経営のアメリカ的民主化-経営家族主義の崩壊- / p231
  • XIII 技術革新と貿易自由化-経営福祉主義の問題- / p251
  • XIV 日本的経営の特質-集団主義と人間主義- / p271

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本的経営の系譜
著作者等 間 宏
書名ヨミ ニホンテキ ケイエイ ノ ケイフ
書名別名 Nihonteki keiei no keifu
シリーズ名 マネジメント新書 ; 27
出版元 日本能率協会
刊行年月 1963
ページ数 296p
大きさ 18cm
NCID BA32602404
BN06770527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63006441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想