チョーサー研究

桝井迪夫 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 3
  • 作品略語表 / 9
  • 第一部 Chaucerの生涯と作品の展開
  • 序説 / 3
  • I. 教養と経験を通して作品の形成へ / 7
  • i. 言語的・社会的環境 / 7
  • (1) 言語的環境-ロンドンの英語 / 7
  • (2) 社会的環境-Chaucerの少年時代とロンドン / 11
  • ii. 文芸的教養と宮廷の経験 / 17
  • 青年時代の宮廷の雰囲気-宮廷愛の伝統 Le Roman de la Roseの翻訳 / 17
  • iii. 宮廷愛の最初の作品 The Book of the Duchess / 26
  • iv. 教養の拡大と人生の経験 イタリア旅行 / 35
  • v. 作品の展開と詩法の探究 / 41
  • (1) 抒情詩から The House of Fame,The Parliament of FowlsをへてTroilus and Criseydeへ / 41
  • (2) 詩法の探究 / 44
  • II. 愛の探究から人間の探究へ / 46
  • i. 「愛の知らせ」を求めて The House of Fame / 46
  • ii. 「愛のわざ」-天の愛と地の愛 The Parliament of Fowls / 55
  • iii. 愛と運命と神の哲学 Boece / 68
  • iv. 宮廷愛の悲劇-性格創造への関心 Troilus and Criseyde / 81
  • v. 宮廷愛の世界から経験の世界へ The Legend of Good Women からThe Canterbury Talesへ / 154
  • vi. 経験の世界 The Canterbury Tales / 161
  • 第二部 Chaucerの言語と表現
  • I. Chaucer統語法の性格 / 181
  • i. 語の遊離性とWORD ORDER / 181
  • ii. 統語的単位と語の固定化 / 187
  • II. 韻律的統語法から口語的統語法へ / 192
  • i. 韻律的統語法-言語の韻律的構造 / 192
  • ii. 口語的統語法-Speech / 200
  • III. SPEECH としてのChaucerの英語 / 203
  • IV. Chaucer のSPEECH / 208
  • V. 修辞法から文体へ / 219
  • VI. Chaucerにおける表現の反復 / 229
  • VII. Chaucerの表現の世界 / 249
  • 第三部 Chaucer研究史
  • I. 語学的研究 / 275
  • 1. 1900年までのChaucer Scholarship / 275
  • 2. 1900年以後のChaucer Scholarship / 280
  • II. 解釈・批評的研究 / 305
  • 1. 歴史的環境の研究 / 305
  • 2. 解釈・批評の推移-年代的に / 308
  • 3. 作品研究 / 317
  • 4. 解釈と研究の新しい方向 / 323
  • 5. 結び / 329
  • SELECT BIBLIOGRAPHY / 331
  • TABLE OF CONTENTS / 337
  • INDEX / 341

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 チョーサー研究
著作者等 桝井 迪夫
書名ヨミ チョーサー ケンキュウ
書名別名 Chosa kenkyu
出版元 研究社
刊行年月 1962
版表示 3刷
ページ数 350p 図版
大きさ 22cm
NCID BA37446226
BA39609591
BN06769470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62009209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想