生命とは何だろうか

J.ド・ロネイ [著] ; 菊池韶彦 訳

生命とはなんだろうか?生命はどのようにして生まれたのだろうか?そして、生命は今後どうなってゆくのだろうか?誰でもが一度は考えたことのあるこの疑問に、新しい生物学の知識を説明しながらわかりやすく答えます。現代を生きるための常識となった分子生物学、しかし学校では習わなかった人、苦手だった人、忘れてしまった人、これから学ぼうという人に絶好の、イラスト豊富な楽しい書物です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命とはなんだろうか(生命の起源についての古い学説
  • 微生物の不思議な世界
  • 細胞はどのように機能しているのだろうか)
  • 第2部 生命はどこからきたのだろうか(生命の起源への新しいアプローチ
  • 細胞の原型
  • 生き物の出現)
  • 第3部 生命はどこへゆくのだろうか(生物学の革命-希望かあるいは脅威か
  • 生物学の革命の道具
  • 生物産業
  • ヒトをエンジニアするヒト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命とは何だろうか
著作者等 Rosnay, Joël de
菊池 韶彦
ロネイ J.ド
書名ヨミ セイメイ トワ ナンダロウカ
書名別名 L'aventure du vivant
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.9
ページ数 233, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4000055674
NCID BN06759295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92003558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想