山本元帥遺詠解説

山本五十六 著 ; 武井大助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 4
  • 自序 / 7
  • 元帥の歌について / 19
  • 略傳 / 21
  • 歌歴 / 27
  • 愛讀歌書 / 30
  • 歌數と作品 / 33
  • 歌友 / 36
  • 哀悼歌 / 44
  • 愛誦歌 / 47
  • 遺詠解説 / 57
  • 大君の御楯とただに思ふ身は名をもいのちも惜まざらなむ / 59
  • 千萬の軍なりとも言擧せずとりてきぬべく思ひ定めたり / 63
  • 國を負ひてい向ふきはみ千萬の軍なりとも言擧はせじ / 68
  • 千萬の軍なりとも言擧せずみことかしこみい向ふわれは / 71
  • 一億のわれも一人ぞ大いなる國のあゆみと共に進まむ / 73
  • 武士の心いかにと人問はば斃れて後に巳むと答へむ / 75
  • 人の世に立たむ教はあまたあれど誠一つの外なかりけり / 78
  • 日の本の海のまもりの長としてけふの朝日をあふぐかしこさ / 83
  • 大君のみ楯と思ひ定めたる心すがすがし秋空に似て / 85
  • 東に北に南に發進す弓末振り起し射つる矢ぞこれ / 88
  • 突撃の電波は耳を劈きぬ三千浬外布哇の空より / 91
  • 益良雄のゆくとふ道をゆききはめわが若人らつひにかへらず / 94
  • 比ひなき勳を樹てぬ若人はさはれ昨日も今日もかへらず / 98
  • 比ひなき勳をたてし若人は永久にかへらずわが胸痛む / 100
  • かねてより思ひ定めし道なれど火の艦橋に君登りゆく / 101
  • 燃えくるふ炎を浴みて艦橋に立ち盡ししかわが提督は / 104
  • 海の子の雄雄しく踏みて來にし道に君立ちつくしつ神上りましぬ / 106
  • 今宵もや照る月影をしるべにて仇うちをらむ空の男の子は / 108
  • かへりこぬ空の愛子の幾人かけふも敵艦に體當りせし / 111
  • 大海原見渡すきはみ影もなし昨日ひと日に仇を拂ひて / 114
  • ひととせをかへりみすれば亡き友の數へがたくもなりにけるかな / 117
  • おほけなく海の護りのみ任に四たび初日ををろがみにけり / 121
  • 荒潮の高鳴る海に四とせ經つ都の手振わすらえにけり / 124
  • 天皇のみ楯とちかふま心はとどめおかまし命死ぬとも / 127
  • あとがき / 129
  • 附録
  • ますらをの道 (山本元帥遺詠 信時潔氏作曲) / 135
  • 山本長官を讃ふ (筆者詠 信時潔氏作曲) / 137
  • (右曲譜) / 卷末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山本元帥遺詠解説
著作者等 山本 五十六
武井 大助
書名ヨミ ヤマモト ゲンスイ イエイ カイセツ
書名別名 Yamamoto gensui iei kaisetsu
出版元 畝傍書房
刊行年月 昭和18
ページ数 137p 肖像
大きさ 19cm
NCID BN0675737X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46026061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想