現代独逸文学の展望

新関良三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 獨逸文藝思潮の推移 / 7
  • 一 序說 / 8
  • 二 自然主義文藝思潮
  • 自然科學と唯物論
  • 物質と機械の文藝
  • 三 印象主義文藝思潮
  • 新傾向の心理學
  • 感覺と神經の文藝 / 30
  • 四 新浪漫主義文藝思潮
  • 形而上學へ
  • 假說の哲學
  • 幻影の文藝 / 38
  • 五 新古典主義文藝思潮
  • 物質の忌避
  • 世界觀と形式美の文藝 / 43
  • 六 表現主義文藝思潮
  • 精神の躍進
  • 精神の眩暈
  • 破壞と宣言の文藝 / 47
  • 七 結論
  • 危機の靜穩
  • 何處へ? / 59
  • 第二 世界大戰の悲劇 / 63
  • 一 緖論 / 65
  • 二 世界根元に於ける悲壯性 / 67
  • 三 有限の不合理なる性質 / 69
  • 四 神に於ける悲壯の征服 / 72
  • 五 形而上的悲壯の見地の下に於ける人間 / 75
  • 六 悲壯の見地の下に於ける世界大戰 / 81
  • 第三 大戰後の獨逸文藝の三面 / 95
  • I / 98
  • II / 102
  • III / 105
  • 第四 展開しつつある獨逸文藝界 / 111
  • 文藝硏究の新傾向 / 112
  • 劇場學の獨立 / 114
  • 創作界の現狀 / 116
  • 影の薄い舊文學 / 116
  • 體驗記錄としての戰爭文學 / 118
  • 戰爭物の種々相 / 120
  • 問題物 / 123
  • 反省的な傾向へ / 126
  • 新卽物主義 / 127
  • 煩悶する劇壇 / 129
  • 第五 獨逸文藝界の問題と印象 / 135
  • 現代獨逸文壇の惱み / 136
  • 現代獨逸の國粹主義的文學 / 141
  • 近代瑞西文學瞥見 / 151
  • 民衆舞臺運動 / 159
  • 獨逸讀書界の一傾向 / 165
  • シュニッツレルの訃を聞いて / 168
  • ハウペトマンの『日沒前』 / 172
  • ヘッベル論議 / 174
  • 第六 三つのユーディット / 191
  • 理想主義と現實主義と表現主義と / 192
  • 聖書外傳の『ユーディット』 / 209
  • ヘッベルの悲劇『ユーディット』 / 216
  • カイゼルの喜劇『ユダヤ人の寡婦』 / 228
  • エビローク (第三獨逸帝國の文學) / 245

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代独逸文学の展望
著作者等 新関 良三
書名ヨミ ゲンダイ ドイツ ブンガク ノ テンボウ
出版元 第一書房
刊行年月 昭和9
ページ数 251p
大きさ 22cm
NCID BA86782729
BN06751169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46086659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想