日本上代の実年代

栗原薫 著

『日本書紀』には上代天皇の治世・崩御の年がいずれも和暦で記されているが、西暦でいうと実年代は何年になるか、従来より研究者が通説に疑問を投げかけてきた。本書は、一年を半年の紀年と数えることで、卑弥呼や倭の五王の実像が鮮明に浮び上がってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 紀年のおこりと紀年論の由来
  • 2 辛酉起点半年1年紀年の実例
  • 3 『書紀』の構造
  • 4 我国における暦法の発達
  • 5 『記』『紀』と韓史の信憑性
  • 6 神武紀元について
  • 7 神武以前の記録
  • 8 邪馬台国の時代
  • 9 景行天皇と日本武尊
  • 10 仁徳天皇と半島情勢
  • 11 履中天皇と半島情勢
  • 12 雄略天皇崩御までの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本上代の実年代
著作者等 栗原 薫
書名ヨミ ニホン ジョウダイ ノ ジツネンダイ
書名別名 Nihon jodai no jitsunendai
シリーズ名 オリエントブックス
出版元 木耳社
刊行年月 1991.7
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4839375461
NCID BN06748652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想