外国法 : イギリス・ドイツの社会と法

戒能通厚, 広渡清吾 著

判例を中心に発展してきたイギリスのコモン・ローの特質を、実際の法廷の場面やエピソードをまじえて浮彫りにし、また、原理・原則から論を立てて社会における法の役割を徹底化しようとするドイツ社会の特性を紹介しながら、日本社会との対比を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イギリスの社会と法(日常の法とコモン・ローの世界
  • 法廷の風景-ある刑事事件
  • 法廷の風景-ある民事事件
  • 現代イギリスの社会と法)
  • ドイツの社会と法(世間と法律家
  • 憲法構造と「闘う民主主義」
  • 「社会国家」における企業と労資関係
  • 性別分業社会の動揺
  • ドイツ統一とドイツ社会のゆくえ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国法 : イギリス・ドイツの社会と法
著作者等 広渡 清吾
戒能 通厚
書名ヨミ ガイコクホウ
シリーズ名 法律学への第一歩 5
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.9
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4000040790
NCID BN06747343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92003344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想