ローベルト・コッホ : 医学の原野を切り拓いた忍耐と信念の人

トーマス・D.ブロック 著 ; 長木大三, 添川正夫 訳

[目次]

  • コッホの若年時代
  • 青年医師としてまた夫として
  • 成熟への歩み-ウォルシュタイン時代
  • 弧独な科学者-炭疽の研究
  • 最初の認知-コッホとコーン
  • 顕微鏡の革命におけるコッホの役割
  • 創傷感染の研究-ウォルシュタインにおける後年
  • ベルリンへ
  • 岐路に立つコッホ-弧独な医師からグループリーダーへ
  • 簡素な贈物-平板法
  • 滅菌、消毒、その他の手技
  • ロンドンでの会合-コッホ、リスターそしてパストゥール
  • 世界的名声-結核菌の発見
  • 世界旅行者-コレラを探してエジプトとインドへ
  • パストゥールとコッホの確執
  • ベルリン大学教授
  • 嵐の真っ只中で-ツベルクリンに関するコッホの業績
  • 定礎と変遷
  • アフリカでの歳月-ローベルト・コッホの熱帯医学における研究
  • 世界旅行-米国と日本におけるコッホ
  • コッホと彼の業績の評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローベルト・コッホ : 医学の原野を切り拓いた忍耐と信念の人
著作者等 Brock, Thomas D
Brock, Thomas D.
添川 正夫
長木 大三
ブロック トーマス・D.
書名ヨミ ローベルト コッホ
書名別名 Robert Koch
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1991.7
ページ数 341p
大きさ 21cm
ISBN 4431706100
NCID BN06747310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91065010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想